ちょっと痛いけれど毛抜きを使ったムダ毛の自己処理

毛抜きを使ったムダ毛処理の方法

ムダ毛の自己処理は、毛抜きを使った方法かシェーバーを使った方法、除毛クリームを使った方法などがあります。毛抜きを使って自己処理をする場合はいきなり抜かずに下準備をしておきましょう。まずは蒸しタオルを用意して、ムダ毛の部分にあてます。蒸しタオルは濡れタオルをラップで包んで電子レンジで加熱すると簡単に作ることができますよ。蒸しタオルをあてることによって、毛穴を開く効果があります。それから毛抜きを使ってムダ毛の自己処理を始めましょう。毛を抜くときは、毛抜きを持っていない方の手で抜く部分の皮膚をおさえ、毛流れに沿って抜くようにしましょう。毛流れに沿うことで、痛みをおさえることができますよ。毛抜きを使ってのムダ毛の自己処理は、シェーバーで剃るよりも痛いです。ムダ毛の数だけ痛みに耐えるのは辛いですよね。少しでも痛みが軽減できるように、抜くときには注意しましょう。ムダ毛を抜いた後は、毛穴が閉じるように冷却します。また、ムダ毛の自己処理をした後は、肌を保湿しておいた方がよいので、保湿クリームなどを塗っておくようにしましょう。このように毛抜きを使ってムダ毛を抜くときは、抜く前と抜いた後の手間を忘れないようにしましょう。

毛抜きを使ってムダ毛処理のトラブル

ムダ毛の自己処理は、肌のトラブルを招くこともあります。毛抜きを使ったムダ毛処理も肌に負担をかけてしまうことがありますので注意しておきましょう。ムダ毛を抜き続けることによって、肌の毛穴がポツポツと目立つようになってくることがあります。毛抜きを使ったムダ毛処理は、特にワキの毛におこなうことが多いでしょうが、腕をあげたときに毛穴が目立つような肌になっていると、ちょっと恥ずかしいですよね。ワキ毛ほど目立つものではありませんが、せっかくムダ毛処理をしたのに今度は毛穴が目立つようになっては残念でしょう。この毛穴が目立つという症状は、毛を抜くときに、強く引っ張りすぎることが原因になります。抜く前に蒸しタオルで蒸らして毛穴が開いてから毛流れに沿ってそっと抜くようにしましょう。また、毛を抜くことによって、埋没毛ができることもあります。皮膚の下には毛が埋もれてしまっている状態です。毛は皮膚の上に出てこられないので毛穴が目立つようになってしまいます。また、ムダ毛を抜くことを続けることによって色素沈着をしたり、出血した後がシミになってしまうこともあります。このようなトラブルが起こることがありますので、ムダ毛の自己処理をするときは注意しましょう。